AUDI,アウディ,カスタム,ブログ,custom,チューニング,tuning,APR,ECU,TCU,レビュー,MQB,quattro,クアトロ,マフラー,exhaust,034motorsports,s3,a3,8v,サーキット,首都高,箱根,峠,endless,エンドレス,audi performance racing,メンテナンス,車検,ディーラー,

ブレーキフェード

ブレーキフェード

Endless 6POTを導入している我がS3ですが、今回の筑波サーキットでは完全にフェードさせてしまいました。ジムカーナ練習、サーキット走行1回目2回目とフルブレーキングに耐えてくれましたが、プロ同乗走行のハードブレーキングから私の3回目走行で温度が上がりすぎてしまったようです。

3回目走行でピットから出て1コーナーのブレーキタッチが「スカッッ!!!」壁に突っ込むかと思いました、、、、。後で聞いた所、車を停止しておくと蓄熱でどんどん温度が上がってしまうようで、熱が上がった時は駐車場や周辺道路でクーリングするのが効果的なようです。というか、自分の枠内であっても、時折クーリングのラップを挟めば良かったんですよね。2回目の走行後にブレーキから煙が上がっていたのは見ていたのですが、そのままにしてしまいました、、、反省。

筑波サーキットからの帰り道、熱を入れきってしまったブレーキフルードは一般道を走る分には問題ないですが、装着時のかっちり感とは違うブレーキタッチを伝えています。しっかりメンテして基のフィーリングに戻しておかなくては。